屋久島の海で生きる者たち

yaksea.exblog.jp
ブログトップ
2010年 03月 04日

越冬したハナビラクマノミ

去年の夏(2009年)、屋久島にやってきたハナビラクマノミ。屋久島ではクマノミしか見ることが出来なかったので、彼女の来島にはかなり興奮し、住処であるシライトイソギンチャクによくお邪魔しては盗撮したものだ。クマノミたちといっしょに泳ぎまわっている姿を見ながら、早く恋人が現れるといいなと思いながらも、屋久島で相手が見つかるのは難しいだろうし、きっと越冬はできないだろうと冷ややかな予測をしていた。


年が明けた3月4日、突然彼女のことを思い出し、自分の予測が正しいことを確かめに彼女の家に行って見ると・・・

d0198511_23283388.jpg

いたっ!!!生きてたっ!!!


若干ピンクの体色が色あせていたものの、1人屋久島の冬の海をのりこえ生きていた。その勇姿をみるなり思わずカメラを放して拍手をしてしまった。海中だからパチパチならなかったけど、人って感動させてもらった相手には自然と力いっぱい拍手するんだなあ。


人の住めない広大な海で生きる者たちの命の強さを目の当たりすると、いつも心が感動と勇気でみなぎり元気になっていく。
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2010-03-04 23:26 | 雀鯛(すずめだい)


<< 戦うキンチャクガニ      産卵するコブシメ >>