屋久島の海で生きる者たち

yaksea.exblog.jp
ブログトップ
2012年 02月 15日

誰もが皆ひとり、旅をしている。

d0198511_1914137.jpg

Backcountry Rescue の皆を港まで送って別れた後は、海へ。


尾ビレとシリビレがズタズタになっているツバメウオが一人、旅をしていた。

...
この1週間、レスキューのこと、海外の自然のこと色んな話を聞けて本当に刺激を受けた。「自然をもっと大切にしながら自然をとことん楽しんでいきたい!」そんな香りがしてた。そして何よりも同世代の彼らと野望や夢をたくさん語り合えたことが何よりも嬉しかった。

これから、北海道で講習をしにいくそうだ。そして、オンシーズンはカナダへ、スイスへとそれぞれ海外の山々でガイドし、年末はまた屋久島に帰って来てくれることを約束してくれた。この一年、それぞれ一人、旅をしながら夢を捕まえていくんだろうな。皆どんな旅をしていくのかな。再び会える日が今から楽しみだ。

さあ、僕もまもなく旅にでます。
あー!気合い入ってきたっ!
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2012-02-15 19:13 | 燕魚(つばめうお)


<< 海はつながってる      ワイド修行、魂の一枚 >>