屋久島の海で生きる者たち

yaksea.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:燕魚(つばめうお)( 14 )


2012年 02月 15日

誰もが皆ひとり、旅をしている。

d0198511_1914137.jpg

Backcountry Rescue の皆を港まで送って別れた後は、海へ。


尾ビレとシリビレがズタズタになっているツバメウオが一人、旅をしていた。

...
この1週間、レスキューのこと、海外の自然のこと色んな話を聞けて本当に刺激を受けた。「自然をもっと大切にしながら自然をとことん楽しんでいきたい!」そんな香りがしてた。そして何よりも同世代の彼らと野望や夢をたくさん語り合えたことが何よりも嬉しかった。

これから、北海道で講習をしにいくそうだ。そして、オンシーズンはカナダへ、スイスへとそれぞれ海外の山々でガイドし、年末はまた屋久島に帰って来てくれることを約束してくれた。この一年、それぞれ一人、旅をしながら夢を捕まえていくんだろうな。皆どんな旅をしていくのかな。再び会える日が今から楽しみだ。

さあ、僕もまもなく旅にでます。
あー!気合い入ってきたっ!
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2012-02-15 19:13 | 燕魚(つばめうお)
2012年 01月 25日

ワイド修行、魂の一枚

d0198511_0223778.jpg

[PR]

by shunzo_seaphoto | 2012-01-25 00:22 | 燕魚(つばめうお)
2012年 01月 25日

ワイド修行、魂の一枚

d0198511_021398.jpg

今日の漁礁はツバメウオがいいまとまり。ここでは、そのほかキンメモドキ、ムレハタタテダイ、フタスジリュウリュウスズメダイ、ゴンズイ、クロホシイシモチなどなど、多くの魚の群モノに出会うことができる。潜る前に「これが見たい!」なんて色気はやっぱりだしてしまっていろいろ妄想してしまうのだけど、人の思惑通りいかないのは女性といっしょで自然の摂理。その妄想にとらわれてしまうと、その一日を台無しにしてしまう。

「あ~今日は思い通りいかなかった~なんでだ・・・」

もんもんと夜を過ごすことになる。それもまた進化するために必要なことだと思うのだけど。僕は、その場のその時の一期一会の出会いにいつも感動を覚えてワクワクした日々を送りたいと思う。だから僕にはものめずらしい自然の写真はたくさんいらない。写真は、今日一番感動した一瞬を絵に残して大切に忘れないようにしていくための道具だと思う。カメラは子どもにランドセルを買ってやるためのお金みたいなものだ。ランドセルは一つあればいい。100個もいらない。カメラも100個いらない。だから道具であるお金も実はあまりいらない。

ん~何をいいたいのかわからなくなってきた。酔っぱらってきた~

10分経過・・・

お金、物珍しさ、底なしに欲望をかきたてる便利な道具。これらに心を支配されなければ、今日も明日もハッピー!ないものを夢見るより足元の身近な存在に幸せを感じれる心を養っていきたい。今年は、7年ぶりに海外訪問をしてしまうけど・・・

今日は屋久島の海に住む彼らツバメウオたちの舞が、最高に素敵でした。
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2012-01-25 00:21 | 燕魚(つばめうお)
2012年 01月 16日

最高の海

d0198511_8232535.jpg



d0198511_8234866.jpg


涙が出てきそうになるほど、嬉しいときがある。
そんな痛快な1本だった。
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2012-01-16 08:22 | 燕魚(つばめうお)
2012年 01月 08日

ツバメウオ

d0198511_21422212.jpg

[PR]

by shunzo_seaphoto | 2012-01-08 23:41 | 燕魚(つばめうお)
2012年 01月 03日

ツバメウオ・レッスン2

d0198511_2014592.jpg

昨日の反省を含め今日は16mmで向き合ってみた。今日は昨日とうって変って透明度が回復していて青が綺麗だった。

ムレハタタテダイも乱入してきて、昨日の24mmの画角の狭さを感じることなく背景まで写し込めて昨日とはまた違った写真になった。

d0198511_20225595.jpg

[PR]

by shunzo_seaphoto | 2012-01-03 20:24 | 燕魚(つばめうお)
2012年 01月 02日

癖の拡張

d0198511_22123282.jpg


漁礁にツバメウオの若魚が集まっていると情報を聞いたので、これは群撮影のいい練習になると思いダイブ。30~40匹のツバメウオが確かに中層をホバリングしている。ついつい冷静を忘れて無心で写真を撮ってしまう。

d0198511_22153347.jpg


群の形や表情を確認しながら撮っていると、家に帰れば同じ写真の山・・・こんな写真が僕の好きな構図なんだろう。星野道夫さんは生前、写真を撮っている奥さんにこうアドバイスしていたそうだ。

「同じ場所で撮るのではなくて、動いていろんなアングルで撮った方がいい。」

この言葉は、いつも頭の片隅にあっていつも意識しているつもりなんだけど、興奮しているとつい自分の癖が心を支配してしまう。

d0198511_22213013.jpg


3月に向かうペリリュー島では、これらツバメウオの同等かもしくはより大きいバラフエダイ(体長40~70cmほど)が、なんと5000匹以上の玉になって産卵放精するようだ。その他、僕が狙っている満月の前後一週間はロウニンアジも500匹単位で群れているらしい。

僕の寄りがちな撮影癖にプラスアルファの感性をペリリューに持っていきたい。
そのために、明日もツバメウオに会いに行こう!

・・・あっ、明日は消防の出初式の練習だった。くそ~。
大人の遊び、いや違った・・・大人の仕事には色んな障害がつきものだけど、

「好きなことばっかりはやってられない。我慢もしないとね。」

こんな言葉をいう大人にはなりたくない。大人が本気で遊んだら仕事になる!


明日は、団長に敬礼をしてから潜りに行きまっせ!
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2012-01-02 22:41 | 燕魚(つばめうお)
2011年 12月 10日

ナンヨウツバメウオ幼魚

d0198511_2237495.jpg

泥の中の小動物を食べているのか、時折泥に口づけをしていた。
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2011-12-10 22:31 | 燕魚(つばめうお)
2011年 11月 30日

ツバメウオ若魚

d0198511_17394361.jpg

まだ大人になっていないのに、体の傷が彼の環境を物語っている。
野生の生きものは、かっこいいなあ。こんなにかわいい顔してるのに・・・
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2011-11-30 17:39 | 燕魚(つばめうお)
2011年 10月 10日

ナンヨウツバメウオ幼魚

d0198511_21535917.jpg

水面を枯葉のように、けどたくましく一人で大海を漂うナンヨウツバメウオの子供。
これからどんな旅をしていくのか・・・水深20cm、体験ダイビングのお客さんとタンクの空気がなくなるまで見続けた。
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2011-10-10 21:52 | 燕魚(つばめうお)