屋久島の海で生きる者たち

yaksea.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 05月 ( 6 )   > この月の画像一覧


2013年 05月 29日

3匹のシンデレラウミウシの交接

d0198511_1055378.jpg

写真下の黄色いヒラヒラは卵です。
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-05-29 10:53 | 海牛(うみうし)
2013年 05月 26日

テントウウミウシ

d0198511_10351665.jpg

屋久島の海は水温24℃まで上昇し、海藻ミルが繁茂し始めています。

ミルには2mmほどのテントウウミウシがちらほら。
森も海も刻々と変化しながら生きものたちが躍動する屋久島へと少しずつ移行しています。

d0198511_10372147.jpg

1mmにも満たない極小の個体も。

d0198511_10381616.jpg

背側突起に光る無数の点が神秘的。
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-05-26 10:34 | 海牛(うみうし)
2013年 05月 26日

アマミスズメダイ幼魚

d0198511_1034918.jpg

[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-05-26 10:29 | 雀鯛(すずめだい)
2013年 05月 26日

共生

d0198511_10252126.jpg

エソ(大きな魚)はエラについた寄生虫を食べてもらいたいのか、エラを全開にしてブルーのラインが入った魚ホンソメワケベラの訪問を待つ。

海の世界ではクリーニングといわれる共生関係で、エソは寄生虫を食べてもらえる、ホンソメワケベラは簡単に食料にありつける、というお互いがハッピーになれる関係。

生きものが住む地球では、もちつもたれつの関係で、日本でいうところの「おかげさまで」という関係で回っている。
d0198511_10255166.jpg

[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-05-26 10:23 | 海景
2013年 05月 26日

ジュズベリヒトデにカイアシの仲間

d0198511_10225378.jpg

[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-05-26 10:07 | 橈脚(かいあし)類
2013年 05月 26日

○○イソハゼ

d0198511_105068.jpg

[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-05-26 10:04 | 沙魚(はぜ)