屋久島の海で生きる者たち

yaksea.exblog.jp
ブログトップ

タグ:ヨスジ漁礁 ( 10 ) タグの人気記事


2013年 07月 08日

シマアジの群

d0198511_15222634.jpg

[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-07-08 15:21 | 鯵(あじ)
2013年 07月 08日

休息するアカウミガメの体に付着した獲物を狙いに行くホンソメワケベラ

d0198511_15213835.jpg

[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-07-08 15:18 | 海亀(うみがめ)
2013年 07月 08日

口元に金具が刺さったアカウミガメ

d0198511_1503843.jpg

[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-07-08 14:59 | 海亀(うみがめ)
2013年 07月 08日

クリーニングをうけるアカウミガメ

d0198511_14442134.jpg

海ガメにチュッ!

それとも・・・

海ガメの口に金具が刺さっていた。(口の右にある丸い突起物) その痛みをチョウチョウウオが和らげていたのかな?

それとも、この魚はただ食べものを探してるだけなのか。

きっと、3番目なんだろうなあ、現実は・・・

d0198511_14525131.jpg

[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-07-08 14:43 | 海亀(うみがめ)
2013年 07月 07日

休息するアカウミガメ

d0198511_21471841.jpg

[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-07-07 21:48 | 海亀(うみがめ)
2013年 07月 06日

ベンガルフエダイとスジミゾイサキ

d0198511_14323317.jpg

[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-07-06 14:29 | 笛鯛(ふえだい)
2013年 07月 06日

スジミゾイサキとベンガルフエダイの群

d0198511_14282386.jpg

[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-07-06 14:27 | 海景
2010年 11月 07日

セクシー乙姫ウミウシ

d0198511_21522910.jpg

移動中に外套膜をヒラヒラとさせていたオトヒメウミウシ。
マリリンモンローのような仕草に少しどきっとしてしまった・・・
どきっとしつつも外套膜の内側の綺麗な斑点に初めて気づき
「内側にも外側と同じ模様があるんだなあ。かわいいな~。」とニンマリ。

最近、危ない世界に行ってしまいそうな自分がいます。
誰か屋久島に来て、あっちの世界にいかないように止めに来てください。笑
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2010-11-07 22:04 | 海牛(うみうし)
2010年 11月 07日

初めて見るスジミゾイサキ

d0198511_20441767.jpg

11月7日、ヨスジ漁礁に群れていたスジミゾイサキ。
はじめはヨスジフエダイと決め付けて目をそらそうとしたのだが、違和感を感じてよくよく見ると縦縞の色がヨスジとは逆だった。帰って調べてみると科もヨスジとは異なるスジミゾイサキだと判明。これまでも、自分の思い込みで間違った判断をしてることがたくさんあったのかもなあ。

だって、完全にヨスジだと思っていた今日の魚たちもよくよく調べたらベンガルフエダイだったし・・・

今までの海の知識を得るたびに装着してしまったたくさんの色眼鏡をしっかりと外して、いつも海に潜って行きたいな。

d0198511_2054984.jpg

奥のほうに写っている魚の群もスジミゾイサキたち。ヨスジ漁礁では見ごたえありの数で群れてます!そのうちワイドで群全体の写真を紹介したいと思います。
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2010-11-07 20:55 | 伊佐木(いさき)
2010年 11月 07日

浴衣ハタ

d0198511_20241182.jpg

岩場でじっとしていたユカタハタ。
浴衣を身にまとったような斬新な模様だ。
海の生きものたちはどうしてこんなにも人知を超えた色彩をしてるのか・・・
芸術的感覚を刺激して創造力を磨くにはもってこいの海。
そんな海がすぐそばにあることは、本当に有難いことだなあ。
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2010-11-07 20:31 | 羽太(はた)