屋久島の海で生きる者たち

yaksea.exblog.jp
ブログトップ

タグ:一湊・沖の砂地 ( 8 ) タグの人気記事


2013年 07月 10日

ミスジスズメダイ

d0198511_1423282.jpg

[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-07-10 21:20 | 雀鯛(すずめだい)
2012年 07月 25日

オオモンカエルアンコウ

d0198511_2131560.jpg

屋久島の北の海に萌えるオオモンカエルアンコウあり!
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2012-07-25 21:02 | 蛙鮟鱇(かえるあんこう)
2012年 07月 20日

???

d0198511_12234247.jpg

水深30m付近の砂地で山帰りの重力に疲れ火照った体を
クールダウンしていると体長7~8mmほどのこの子を発見
この子はいったい何者だろう・・・

海は今日も新発見の引き出しを
小出しに披露してくれました

「なんじゃこりゃ!」

そんな驚きの唸り声を出せるのが海の魅力ですね
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2012-07-20 12:23 | 未同定種
2012年 07月 13日

ホタテツノハゼ属の1種-4

d0198511_2065182.jpg

ホタテツノハゼ属の1種-4か?!
水深34m初めての出会いに心から感動!

屋久島の海はあとどれほどの
未知なる遭遇を用意していてくれるのか
ふところの深い島です
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2012-07-13 20:06 | 沙魚(はぜ)
2011年 11月 28日

夢の5者共生に向けて

d0198511_10174449.jpg

このクロユリハゼの仲間とヒレナガネジリンボウは一つの同じ巣穴を家にしている。敵がくるとスパッとその穴に隠れてしまうので、こんな写真はなかなか撮れないんだぜ!なーんて言いたいわけじゃない。実は、この巣穴には2匹のクロユリハゼの仲間と2匹のヒレナガネジリンボウと1匹のテポウエビの仲間が共生しているのを確認している。しかし、僕が近づくにつれ、まずはエビが巣穴に消え、そしてクロユリハゼが・・・あぁネジリンボウさんもいっちゃうんですねぇ・・・というシナリオを何度となく繰り返している。あぁ夢の5者共生の写真は今日もダメだったかあ・・・撃沈。水深35mでは潜水病が脳裏によぎり粘れず、今日も失敗・・・

生きているうちに一度は必ずおさめたい絵の一つだ。
さあ、明日こそはっ!
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2011-11-28 10:17 | 海景
2011年 11月 27日

クロエリオオメワラスボ

d0198511_2101977.jpg

[PR]

by shunzo_seaphoto | 2011-11-27 20:59 | 沙魚(はぜ)
2011年 11月 12日

クロイトハゼ

d0198511_21323175.jpg

[PR]

by shunzo_seaphoto | 2011-11-12 21:31 | 沙魚(はぜ)
2011年 11月 12日

ヒレナガネジリンボウ

d0198511_5381095.jpg

昨日発見したヒレナガネジンボウに午後から会いに行った。昨日はペアーでいたのだけど今日は一人だった。水深33mの砂地に無防備に生きる姿(体長3cmほど)に感動!生きる勇気をもらいました。明日は、奥岳にこもり屋久島の秋の山を撮影してきます。
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2011-11-12 05:37 | 沙魚(はぜ)