屋久島の海で生きる者たち

yaksea.exblog.jp
ブログトップ

タグ:矢筈神社 ( 96 ) タグの人気記事


2013年 10月 08日

ニラミギンポ

d0198511_22342593.jpg

[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-10-08 22:33 | 磯銀宝(いそぎんぽ)
2013年 09月 20日

ツマジロモンガラ

d0198511_7501294.jpg

写真はツマジロモンガラさん。この方の顔を30秒じっくり見てください。きっと不思議な幸せがこみ上げてきます。

顔の輪郭、眼光、唇の厚み、歯並び、ヒレの曲がり具合、青いヒゲの剃りあと?。すべてがパーフェクトであります。

海は幸せな生き者たちで溢れてます。
是非、冒険して会いにいってみてください!
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-09-20 07:49 | 紋殻皮剥(もんがらかわはぎ)
2013年 09月 19日

ヤマブキベラの若魚

d0198511_7485629.jpg

ベラの仲間は、ハゼに次いで種類が多いそうです。さらに、ベラは大人になるにしたがって、体色を変えていくわ、オスとメスで体色が違うわで、体色の美しさのパターンは底なしです。

雄大な山も数センチの魚も写真におさめてしまえば、どっちが大きかなんて僕にとっては全く関係なくなってしまう。四角に切られた平面上に、どんな色彩のパターンが浮かび上がると、僕の心が踊りだすのか、ニンマリするのか・・・

自分の心が求めている幸せを写真は教えてくれる。
いったい、地球にはどれほど美しいものが存在してるんでしょうね。

学生の頃は、アウトオブ眼中だったベラさんたち・・・

只今、ゾッコンです!
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-09-19 07:48 | 倍良(べら)
2013年 09月 16日

ニシキキュウセンの幼魚?

d0198511_7424014.jpg

ニシキキュウセンの幼魚は通常背びれの眼状斑は2つなのだけど、この子は傾奇者?
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-09-16 07:43 | 倍良(べら)
2013年 09月 16日

オビテンスモドキ

d0198511_7392849.jpg

歌舞伎役者のように一味違ったクネクネとした動きをするオビテンスモドキ。メイクもたいそう傾いておられ、素敵な魚です。
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-09-16 07:38 | 倍良(べら)
2013年 09月 14日

触手先端の色が抜けたイライトイソギンチャク

d0198511_7371594.jpg

触手先端の色が抜けたイライトイソギンチャクを発見。これって弱ってるのかな?もう死んでる?


d0198511_1112594.jpg

[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-09-14 07:36 | 磯巾着(いそぎんちゃく)
2013年 09月 14日

セナキルリスズメダイ

d0198511_7253355.jpg

[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-09-14 07:24 | 雀鯛(すずめだい)
2013年 09月 09日

今年はよくクマノミを撮っています。

d0198511_721553.jpg

イソギンチャクの波で揺れる動き加減が、いまいち・・・

クマノミの野性味あふれる表情が、これまたいまいち・・・

イソギンチャクの触手の長さ及び先端の紫の色合い、これまたいまいち・・・

クマノミがイソギンチャクに寄り添う、うずまり加減、まあまあかな・・・いや、もっとうずまっていた方が・・・

イソギンチャクも動物だとわかるような動きのあるシーン、これはムービーで妥協しちゃおうかな・・・

太陽の入り具合、自然光を取り入れて青みをだしてもよかったかな・・・


などなど、たくさんの欲望と反省点がうずまき、快心の一枚はなかなか撮れないものです。この悶々と試行錯誤している時間が、僕の生きてる実感です。

明日はこそはっ!
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-09-09 07:21 | 雀鯛(すずめだい)
2013年 09月 06日

大変もろく容易く崩壊してしまう生態系

d0198511_720966.jpg

ウネウネと動くメドューサの頭みたいなヒメハナギンチャク(濃い紫色したミミズみたいなもの)は、魚などを食べる動物です。そのイソギンチャクにマルガザミというカニとオドリカクレエビが住み着いています。

広大な砂地が広がる場所で、なぜ3者が寄り添って生きているのか・・・

イソギンチャクの触手には毒があるらしく、カニとエビは身を守ってもらっているのか・・・。イソギンチャクがつかまえた獲物を横取りしているのか・・・。カニについた寄生虫をエビは食べているのか・・・。きっと巧みで、けれど大変もろく容易く崩壊してしまう生態系が奇跡的にできあがっているのだろう。

水深30mに滞在できる時間は長くても40分程度・・・ 海を知るには人の寿命はあまりに短すぎる。

でも、だからかな。
海は人を魅了し続ける。
[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-09-06 07:19 | 海景
2013年 09月 05日

サンゴイソギンチャクも白化してきた・・・

d0198511_7182713.jpg

[PR]

by shunzo_seaphoto | 2013-09-05 07:18 | 磯巾着(いそぎんちゃく)